技術職や研究職、専門人材の採用を支援するアスタミューゼ、プロジェクト単位で人材を雇用する「SCOPEスポットアクセラレーター」を開始

アスタミューゼ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 永井歩)は、自社が展開する人材スカウトサービス「SCOPE」で、プロジェクト単位で人材雇用できる「SCOPEスポットアクセラレーター」のサービスを開始いたしました。

アスタミューゼでは、2億件を超えるイノベーションキャピタルデータベースをもとに、新規事業創出やM&Aのコンサルティング、専門職・技術職の人材マッチング支援事業などを実施する中で、大学や研究機関、企業の技術を活用したオープンイノベーションや起業支援の人材に関するご相談が増加しています。そこで、当社が展開する「転職ナビ」登録会員に対し、副業やプロジェクト単位での仕事への関心についてアンケートを実施したところ、半数近くの46%が、副業やプロジェクト単位での仕事に「興味・関心がある」との回答がありました。

pic01.png

副業やプロジェクト単位、パラレルワーカー(複業※¹)など、働き方の多様化と企業の人材不足を背景に、企業が雇用の多様化に積極的に取り組むことで必要な人材を確保する動きが加速しています。

SCOPEスポットアクセラレーターは、多様化していく働き方や雇用体系に応じ、高度専門人材を「プロジェクト単位で雇用できる」サービスです。当サービスでは、アスタミューゼが保有するデータベースをもとに、ユーザー(求職者)の専門性やスキルを詳細にカテゴライズすることで、高度なプロジェクトに対して人材をマッチングすることが特徴です。この取組みにより、SCOPEでは転職支援だけでなく、仕事を通じて未来創造や社会課題解決に貢献する様々な形態をご提供いたします。

pic02.png ※¹ “副業”は本業の隙間時間に行うのに対し、雇用形態に関係なく、本業で複数の仕事を持つこと。

“実現したい未来”でつながる採用スカウトサービス「SCOPE」について

SCOPEのマッチング特長は、アスタミューゼが持つイノベーションキャピタルデータベースを元に定義した「2025年の成長領域」と「解決すべき社会課題105」で、各企業様が取り組む事業の魅力や成長性をあらためて引き出し、リブランディングすること。企業価値をさらに掘り下げ、求職者に訴求できるブランド開発支援の施策をご提案します。

アスタミューゼの人材投資事業では、成長市場・先端領域(自動運転、ドローン、再生医療、人口知能、再生可能エネルギー、電池、機能性食品など360以上の領域)における専門技術職・研究職の求人サイトを300以上展開し、630万UU・5万人の登録者情報のデータベースを持ち、人材採用、事業拡大の支援を行ってまいりました。「SCOPE」は、そのデータベースを、従来型の給与や勤務地、年齢や経験などの”条件”によるマッチングではなく、企業と求職者の挑戦したいことを可視化し、「実現したい未来」を通して、ビジョンと想いで繋ぎ、採用支援を行なっています。

pic03.png

本件に関するお問い合わせ

アスタミューゼ株式会社 事業推進本部
E-Mail: press@astamuse.co.jp