アスタミューゼ、ドリームインキュベータ、東大IPCの3社提携によりカーブアウトベンチャーの支援を強力に推進

アスタミューゼ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 永井 歩)、株式会社ドリームインキュベータ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 山川 隆義、以下DI)及び、東京大学協創プラットフォーム開発株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長 大泉 克彦、以下東大IPC)は、新規事業等のカーブアウト(以下カーブアウトベンチャー)の支援に関する提携を開始いたします。

pic01.png

近年、大企業等(老舗企業・新興上場企業・メガベンチャーも含む)において数多くの新規事業が立ち上げられていますが、新型コロナウイルス感染症の影響による市場環境の大きな変化を受け、事業の選択と集中がより重要となるとともに、事業の出口戦略の必要性が高まっています。

そのような状況の中、新会社として独立させるカーブアウトは、新規事業の中でも特に外部の経営資源の活用が必須である又は成否に大きく影響する場合において、自社の経営資源の追加投入を抑制しつつ当該新規事業の価値を高め、成功確度を上げるための効果的な手段の一つとして検討する価値があります。

アスタミューゼ、DI、東大IPCは、アスタミューゼの新技術・新製品・新事業やそれらへの投資情報等を含む膨大なイノベーションキャピタルデータベースとこれまで培った新規事業創出のノウハウと、DIのプライベート・キャピタルグループのもつカーブアウト実行支援ノウハウ、東大IPCのもつカーブアウトベンチャーへの投資ノウハウ・東大との産学連携活動の枠組みを融合し、カーブアウトベンチャーの支援において以下の通り連携いたします。

pic02.jpg
3社で取り組むプロジェクトの流れのイメージ

3社で外部の経営資源活用が有効なカーブアウト対象事業の発掘を行い、データ解析力・ノウハウを持ち企業が保有する技術の棚卸・整理に長けたアスタミューゼと、ベンチャーの資金調達・M&A及び新規事業等のカーブアウト実行支援等に長けたDIが連携し、対象事業の検討と選定、実行支援を推進。東大IPCが東大との共同研究など産学連携活動の枠組みと、ファンドによる投資により成功確度を高められる事業へ、積極的に支援と投資検討を行って参ります。

このたびの3社の連携で短期的な事業投資減少の影響を受け、埋もれてしまうかもしれない有望な事業を発掘、支援し、社会課題を解決しうる大きなビジネスに育てていくことで経済の活性化に貢献いたします。

ドリームインキュベータについて

ドリームインキュベータ(DI)は、戦略コンサルティングスキルという、ビジネスにおける最も普遍的で有益な根源的スキルと、インキュベーションで培われる”リアル”かつ”当事者”的な経営力を融合することにより、そのスキルを顧客企業へのサービス展開だけでなく、社会のあり方を変え、日本経済を元気にする“ビジネスプロデュース”に取り組んでいます。

2019年4月より新たにプライベート・キャピタルグループを発足、同年12月には1千億円超の事業創造を目指す起業家のファイナンス戦略をプロデュースする「ファイナンス・プロデュース」事業を始動いたしました。

東京大学協創プラットフォーム開発(東大IPC)について

東大IPCは、東京大学周辺のイノベーション・エコシステム拡大を担うべく、国立大学法人東京大学の100%出資で設立された投資事業会社です。文部科学省の官民イノベーションプログラム(国立大学に対する出資事業)からスタートした本事業は、ファンドオブファンズ やVCとの協調直接投資、さらには、ジョイントベンチャー、カーブアウトなどに前衛的に取り組むことで、民間のベンチャー投資の活性化を目指しています。さらに、独創的な研究開発に挑戦し、産業創出を目指す企業を増やしていくために、オープンイノベーション活動を推進。プレシードを支援する1stRoundでは、大手パートナー企業と連携したインキュベーションプログラムを実施するなど、プレシードからミドルレイヤーまでそれぞれの成長段階フェーズにおいての支援体制を構築しています。

ご参考

本件お問い合わせ

アスタミューゼ社 経営企画室 広報担当 E-Mail: press@astamuse.co.jp